2008年04月29日

番外編 4月29日



こんばんわ〜ひらめき
番外編です。けれどビジネス本の紹介です。
題名は「ここが変だよ 日本の管理職」
著者:宋文州

内容はすばらしい内容でした。是非、日本の管理職の方に
よんでもらいたい内容でしたが、自分の日々の業務を
猛省させる内容でもありました。もうやだ〜(悲しい顔)

内容については、後ほど紹介するとして
宋文州(そう ぶんしゅう)さんのプロフィール紹介

kyoutu_sou1[1].jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
1963年中国山東省生まれの42才 。

85年に北海道大学大学院に国費留学。天安門事件で帰国を断念し、札幌の会社に就職するが、すぐに倒産。学生時代に開発した土木解析ソフトの販売を始め、92年28歳の時にソフトブレーンを創業。経営を通して日本企業の非製造部門の非効率性を痛感した。
98年に営業など非製造部門の効率改善のためのソフト開発とコンサルティング事業を始めた。2000年12月に東証マザーズに上場。成人後に来日した外国人では初のケースとなる。2004年経済界大賞・青年経営者賞を受賞。2005年6月1日には東証1部上場を果たし、業界最大手に成長。

営業改革を訴えた著書「やっぱり変だよ日本の営業」は、トヨタ自動車の張富士夫社長自身が購入し、営業系の役員を中心に配布。7万部に迫るベストセラー&ロングセラーに。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

内容は、日本の管理職・ホワイトカラーを一刀両断しております。雷

第1章 何か変だよ、「みんな」で頑張る日本の会社人
第2章 ここが変だよ 赤信号をみんなで渡る日本の管理職
第3章 こんなに変だよ 管理職だらけの日本の本社
第4章 やっぱり変だよ 人間を管理しようする日本のマネジメント
第5章 まだまだ変だよ、不合理がいっぱいの日本の会社の人事評価
第6章 こうしていこうよ 新しい日本の会社
第7章 これで大丈夫 これからの日本の管理職

まず第一章から、日本の会社の「集団主義」と「精神主義」が
科学的なマネジメントを遠ざけてきた。と言っています。
ここで言う「集団主義」はみんなで残業。あの人が残っているから
帰りづらい・・・・みたいな雰囲気。
「精神主義」は「何が何でも、売上目標達成!」と朝礼で管理者が
さけんだり・・・・をさしています。
どちらも、サラリーマンなら感じたことがあると思います。

宋さんの言う、科学的なマネジメントは
「見えないことをいかに見えるようにするか」をさしており、
本書の中で、マネジメントはの本質は、事実をきちんと確認をすること
と言っています。

また、本書の中で何度も「プロセスマネジメント」と言葉がでてきます。
管理職のやるべき仕事は、部下たちつまり人間を管理することではなく、
管理すべきは、顧客価値であり、それを実現するためのプロセスと
言っています。

お客様の立場に立って、必要な事実を全部ならべる作業を
一つづつ分解すれば、どの部分にはどんなスキルを持った人間
必要か分かると言ってます。

「定量化」の本質は、単純に数字で表すことでなく、「曖昧さを
なくし」て「行動につなげること」だということ、その前提と
なる「数字」は「単純に数を数えるもの」ではなく、
「概念を整理するためのもの」であり、「割り切り」だという
二点である。

第1章から第6章までは、一体感があるのですが、
第7章だけ、後から付け足しように感じます。

第7章では、、新たなプロセス設計の例と
ベネッセコーポレーションの事例が記載がありました。

著作が2005年と古いので、最新情報を

・ベネッセ↓
http://www.benesse.co.jp/IR/japanese/csr/management/index.html

・宋さんのブログ
http://www.soubunshu.com/

後まで読んでいただいて、感謝です!。黒ハート

時々番外編をお伝えします!雷

人気ブログランキング
応援(クリック)ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
posted by プリン at 19:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。