2008年03月01日

読書日記 3月1日



題名:ドル覇権の崩壊
著者:副島 隆彦

出版社:徳間書店

読みやすさ:★★★3
印象度  :★★★3
総合   :★★★3

よくぷりんのブログには登場する、副島さんの本です。

結論は、タイトルにある通りです。

ドルがダメになって米国発金融恐慌が静かに進行しています。

金が急騰しています。

米国では、元本がほとんど減らない信じられない住宅ローンが

公然と行われています。

一ドルは80円になる、ユーロは1.7ドルになる、
日本株は上がりも下がりもしない、
原油は105ドル、
人民元は1ドル4元へ。
アメリカはイスラエルを見放す。

と言う内容です。

ドルの崩壊、金融大恐慌は副島隆彦が数年来言い続けていることであり、いよいよそのときが来ました!

ここまではOKなのですが・・・・

なぜ中国の元を買え、との結論になるのかが皆目不明です。

中国も、アメリカ同様、急速に進む高齢化、経済成長を打ち消しても
あまりある環境破壊、貧富の格差の急速な拡大(経済成長しているはず
なのに、ロシアとは対照的に給与は上がらない、
等々、数限りない問題を抱えた国であるのに・・・・・

しかし、過去の著作での的中率は高い!

”近い将来必ず東アジアで戦争が起こり、日本と中国もしくは朝鮮半島との間で直接武力紛争が起こる。米国経済は2008年には危機に陥り、これは確実に円高(79円まで)、株安、金利上昇という形で日本に波及する。”というものでしたけど、政治面とタイミングは別として、経済の現象面はほぼ、金利上昇を除くとぴったり
当ててしまいました。

どうしますか!?みなさん、金もしくは中国元
どちらか投資してますか?

著者プロフィール
http://soejima.to/profile.htm

金なら積み立ても可能です。
http://gp.tanaka.jp/index.html

と言うことで次回は
次回案内予定新刊
チャイナマネーの時代
posted by プリン at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。