2007年10月27日

読書日記 10月27日




題名:ブッシュが壊したアメリカ
著者:ズビグニュー・ブレジンスキー

出版社:徳間書店

読みやすさ:★★★3
印象度  :★★★3
総合   :★★★3


著者は、カーター政権下で国家安全保障問題担当大統領補佐官
を務める。アメリカを代表する地政学の権威であり、
国際政治全般の大きな流れを洞察できる数少ない戦略思想家
だそうです。ぷりんは本書を読むまで知りませんでしたふらふら

題名は「9・11」や現大統領のみを連想させますが、
先代ブッシュ・クリントン・現ブッシュと
三人の歴代大統領を国際政治を背景にして
時系列で解説をしています。

さすがに論理展開や洞察力のすぐれた箇所がいくつも
ありましたが、結論は第六章の

1.先代ブッシュ 総合評価 堅実な B 
 評価:戦術面の能力にたけるが、戦略面のチャンスを
 生かせなかった。
2.クリントン  総合評価 むらな C 
 評価:潜在能力と実績とのぎゃっぷがあまりにも
 大きい。
3.現ブッシュ  総合評価 落第の F 
 評価:単純すぎる独りよがりの世界観が災いし、
 一国主義政策で自滅への道を邁進中。

現ブッシュへの評価は、皆さん違和感がないと思いますが
先代ブッシュやクリントンへの評価に対して「?」と
思った方は、本書を読むことをオススメします。

ソ連が崩壊し、冷戦が終結と、紛争の総数が減ってきたにも
関わらず、世界の不安定性は逆に広まり、新たに四カ国の
核保有国が登場し、人類の福祉問題は進展せず、環境問題
に高い優先順位も与えなかった。これらの失敗が一因と
なって、アメリカのリーダーシップの正当性は大きく
損なわれて、大統領の信頼性は世界中で揺らぎ、
アメリカの道徳観の評判に泥が塗られた。
と著者は言っています。

2008年が真のポスト冷戦型世界政策を作る
最後のチャンスと警告をしています。むかっ(怒り)

新聞などで、「今」を読むこと重要ですが、
点と点を結ぶ「線」を理解するために、
非常に参考になる本でした。
なぜ、現ブッシュが「落第のF」なのか
深く知りたい方はどうぞexclamation


次回案内予定新刊:人生を
変える「心のブレーキ」の外し方
posted by プリン at 19:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。