2007年09月13日

読書日記 9月12日




題名:レバレッジ・シンキング
著者:本田 直之

出版社:東洋経済新報社

読みやすさ:★★★★★5
印象度  :★★★3
総合   :★★★3

まず、題名に惹かれました。
レバレッジ(Leverage):「てこ」の働き
つまり、少ない力(能力・時間)で、最大限の成果を生み出す
考え方について、著者は4つの分野で紹介をしています。
「労力」「時間」「知識」「人脈」それぞれのレバレッジを
具体的に解説をしています。

例えば、冒頭で

プロスポーツ選手時間の使い方
80%:トレーニング右斜め上 20%:試合右斜め下


ビジネスパーソンの時間の使い方
1%:その他右斜め下 仕事:99%右斜め上

のグラフを紹介しながら、ビジネスパーソンのトレーニング不足
を指摘しています。(特にホワイトカラー)

著者は、レバレッジの題名のついた著作を発表をしており
「レバレッジ・リーディング」「レバレッジ時間術」
2つの著作を読んでより、理解を深めることを薦めています。

ぷりんも著者同様に、面倒くさがり屋なので
共感できる部分が多く、説明もロジカルです。
但し、ビックリするようなノウハウはなく、
目からウロコみたいな感動は少ないです。ダッシュ(走り出すさま)


次回案内予定新刊:驚異のウォーキング革命
posted by プリン at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。