2008年06月22日

番外編 6月23日



こんばんわ三日月

今日も番外編です。ビジネス本と言うか
不思議本です。
さらっと書きたいと思っています。

題名は:なぜ春はこない?
著者:神田昌典+來夢

神田さんの本にしては、
特異な本だと思います。
いわゆる星占いと人生の成長カーブとを分析した本です。
神田さんの著書では、よく取り上げられている成長カーブなのですが、
ビジネス理論としては理解しやすいです。

その理論を人生にあてはめて、自分の人生を予測していこう
という発想です。
春夏秋冬が各3年づつで12年で1サイクル。
このサイクルを繰り返していくから、予測できるはずだという仮説です。

冬:新たな始まり、試行錯誤、低収益、定着  冬は季節のサイクルの終わりです。商品・事業が老朽化、死に向かう
  同時に、冬は誕生。すべての始まり。

春:方向性が定まる、やっと芽がでる、投資が必要    春には芽が出たアイディアを大事に育てること。
  努力がもっとも報われる時。

夏:追い風、コントロール不能、管理強化
  実力に関係なく、時速300キロのスポーツカーのように
  うまく事が進む。その反面、社員の欠勤や家族の病気のように警告が
  でます。

秋:収穫・反省・縮小・リストラ
  実った稲と枯れた稲が選別される。変化は必要なく、充分な基盤整備が  必要な時です。

上記理論で、著名人の経歴を説明をしています。

  孫 正義・矢沢 永吉・北野 武

これが、またピッタリと当てはまるのですよ!
不思議とね。。。。。。

矢沢 永吉は、秋の季節に
76年に山中湖の別荘を購入、ファンが殺到して売却
87年にオーストラリアの土地を購入し、ビルを建てて
33億円の詐欺にあう。

北野 武は、秋の季節に
86年に、愛人の件で、雑誌「フライデー」を襲撃。
執行猶予二年の有罪判決
春から夏の季節に
細川ふみえの宅へ向かう途中にバイク事故

二人とも、過去の問題が解決できないと
その問題がさらに大きくなって、出題をされているのが
よく分かりますね。

なんか、飯田 史彦さんみたいな話ですけど

来夢さんのHPです。
是非、みなさんも季節判定をお試しください。

http://www.seasons-net.jp/wss/site.cgi


『億万長者は占星術を信じない。しかし、大富豪は活用にする。』

最後まで読んでいただいて、感謝です!。黒ハート

5月は更新回数がなんと4回。。。。もうやだ〜(悲しい顔)
正直凹みましたたらーっ(汗)
6月からは目指せ2桁!!


人気ブログランキング
応援(クリック)ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
posted by プリン at 22:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。