2008年05月17日

読書日記 5月17日



題名:不機嫌な職場
著者:高橋克徳+河合太介+永田稔+渡部幹

出版社:講談社


読みやすさ:★★★★★5
印象度  :★★★3
総合   :★★★3

こんにちは〜。
久々に番外編ではなくて、日経読書です。
タイトルが良いですよね、
「不機嫌な職場」って・・・・・・・・・
働く人みな心あたりがあるのではないでしょうか!?

組織力とは「個人の力」と「個人間のつながり」の掛け算。
しかしここ15年間ほどは、個人の力を高めることに重きを置きすぎ、
個人間のつながりを弱める結果となった。...
仕事の定義を明確に持ち専門化と個人の成果を追求する一方、
個人の成果に関係はなくとも組織としては必要な業務をしなくなった。
つまり、組織の「のりしろ」や「遊び」をなくし、従業員間の「壁」を
高くし、組織の「タコツボ化」が進んだのである。
さらに弊害として、従来であれば社員間相互の協力により難なく解決できた問題が、組織として対応できず、その結果、顧客対応や品質問題でのトラブルが顕著となった。

これが不機嫌な職場を生み出した原因として本書は解説をしています。
この「タコツボ化」っていう言葉が、本書のキーワードとして
何度も出てきますが、みなんさんも心あたりありませんか?
業務が専門的・属人的になりすぎて、「これはあの人しか分からない」
ってみんなが口にしている場面ってよくありませんか!?
当人は「なんで私ばっかり!」ちっ(怒った顔)っていつも不機嫌な様子な事が
多いですよね〜。

職場にいて、静寂の中、パソコンのキーボードをたたく音だけがあちらこちらから高らかに鳴り響いているのに気づくことがある。意識を集中してキーボードをたたいているときに、周りの様子に気づかず、不意に声をかけられると仕事を妨げられたと厭な感じがすることがある。でもその自分の不機嫌さが周りの人を嫌な気持ちにさせて、それが職場全体に伝わり、職場が不機嫌になる...

そのような、不機嫌な職場にならないような取り組み事例が
4章の「協力しあう組織に学ぶ」で示されている。

グーグル:

220px-640px-Googleplex_Welcome_Sign[1].jpg

社内移動用の電動キックボードやセグウェイ、料理人が各国の料理を提供する無料食堂、フィットネスジムやサウナを完備したキャンパス、定期的に開催されるローラーホッケーのイベントなど充実した福利厚生サービス、猫以外のペットを持ち込み可能なオフィスやおもちゃなど遊び道具を持ち込める仕事部屋、ラバライトやゴムボールがあちらこちらに置かれた独特な企業文化で知られる。また、NASDAQ市場に公開するに先立ち、無料ランチを継続して提供することを宣言した。

グーグルでは、人と人が出会うことで、お互いの刺激を受け、それが創造性の源になる。人と人が協働を進める上でのベースとなると考えているからです。グーグルの経営者は、重要な仕事の一つとして「環境のデザイン」を
挙げています。それは
1、仕事環境のデザイン
仕事の評価の仕組みや認知の仕組みの事を指しています。
アイディアを思いついた人がサイトにアップし、それに対して世界中の
仲間がコメントを付与すると言う仕組みがあります。
2、価値観の徹底
フラット(上下関係のなさ)・リスペクト(相互尊重)・フェア(公正)
という価値観を組織の中に徹底しています。
3、公私混同の職場デザイン
仕事と生活を一体化することで、各人の持っている能力をフルに発揮する
仕組みができている

サイバーエージェント
次は、インターネット広告代理店のサイバーエージェントです。
ここでは、「評判情報の共有」に、力を入れることで、一人一人を
クローズアップする、お互いをよく知るための仕掛け、自然と
協力できる関係を生み出し、進化させています。

第一の仕掛け、自分たちの会社に自身を持ちたい
ミッションの提起とマキシズムと行動規範をつくりました。

サイバーエジェーントのミッション
cams[1].gif
このビジションをトイレのミラー写して、自分の姿を見るとともに
ミッションを意識しなおすようにしています。
また、マキシズムという行動規範を作り、全社員に配布をして
います。

第二の仕掛け、お互いによく知る、自分を知ってもらう
マネジメントを行うものは、ブログを立ち上げの義務化されている。
社内の人には、日々の出来事をリアルに感じることができると同時に
マネジメントの人の考え方、人柄を感じることで、身近に感じることが
できる。

藤田社長のブログ
http://ameblo.jp/shibuya/

第三の仕掛け、会社の成長と個人の成長を重ねる

社内公募による新規事業プランコテンストが実施される。
優秀者は事業責任者に抜擢されて、立ち上げ後は利益指標を
クリアーするごとに、Jリーグのように、J3→J2→J1と
ステップアップしていく。

第四の仕掛け、みんなで喜ぶ、みんなで認める

「二駅」ルール オフィスがある最寄駅あら二駅以内に住むと
家賃補助として3万円が支給される。
オフィスと自宅が近ければ、何かあらば飲みに行こう、集まろう
と自然となり、二駅と限定することで、自然と家が近くなり
部署を横断した交流が生まれやすい仕掛けを作っており、
実際に社員の70%がこの制度を利用しているそうです。

ヨリタ歯科クリニック:
グーグル→サイバーエージェント→ヨリタ歯科クリニック
と何やら不思議な感じがしますが、
この歯科はスマイル&コミュンケーションをもとに
患者さん・働くスタッフがワクワク楽しくなるような
仕組み作りをしています。

詳しい内容は、下記を参照してください。
ほんとに楽しそうですよ〜わーい(嬉しい顔)

http://www.yorita.jp/7secrets/index.html

これらの例は、すべて働く人同士が協力し合える組織
作りを行っています。
人間は自己最適化しやすい動物であり、「タコツボ化」
しやすいものです。それをお互いが「感謝」「認知」
することで、協力し合える組織ができるのです。ぴかぴか(新しい)

次回案内予定新刊
幸之助論です。

最後まで読んでいだいて感謝です。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

人気ブログランキング
応援(クリック)ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
posted by プリン at 13:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

番外編 5月10日



こんにちはわーい(嬉しい顔)
今日も番外編です。けれどビジネス本の紹介です。
題名は:自分を変える 魔法の「口ぐせ」
著者:佐藤 富雄

読みやすく、実践的で非常に良い内容でした。


内容については、後ほど紹介するとして
佐藤富雄さんのプロフィール紹介
prf[1].jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
栄養生化学者、健康科学者として長年にわたって人間のからだや健康のあり方を、抗老化(アンチエイジング)に焦点をあて追求。
そうして、健康とは体の状態だけではなく考え方であることを、心と体の制御関係から説く。適切な健康観をもって正しい健康づくりをすれば、100歳を元気に生きられると提唱する実践理論が「生き方健康学」。
その「生き方健康学」を学び、いつまでも生き生きと素敵に加齢するオプティマルエイジングを実践する会「ヒューマンギネス倶楽部」を主宰する。
また、同時に話題となっているのが、大脳・自律神経系と人間の行動・言葉の関連性に着目した独自の「口ぐせ理論」。
サイエンスをベースにした明快な理論と誰もができる実践方法が支持され、数々の著書や講演・セミナーで大反響を呼ぶ。
2003年10月に開講した「口ぐせ理論実践塾」では塾長を務め、セミナーでその生き方理論を直伝している。
これまでに、のべ受講者数は2000人を超え、理論を実践することで人生が変わった、夢がかなったという受講者が続出、絶大な人気を誇っている。
人間は何歳になっても心身ともに成長しつづけるということを自らの人生を通して実証する。
例えば、48歳から始めたスキーは上級の腕前で世界の山々を滑っている。2005年もカナダのウィスラーでのスキーを楽しんだばかり。
また、58歳から大学で再学習をはじめ、65歳まで3つの大学、大学院で学ぶ。65歳のときにはイヌイットとともに北極グマ狩猟の旅をする。
そして、73歳でミグ戦闘機で大気圏まで飛びアクロバット飛行を体験。
その他、クルージング、モーターバイク、射撃、写真等を趣味とし、遊びの達人とも言われる。
こうした活力ある自身の生き方を通して説かれる生き方理論は、誰もが納得するところであり、人々を魅了してやまない。
口ぐせは「人生これから黄金期 未来はますます開けていく」。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

口ぐせで人生が変わる?
疑いをはさみたくなる主張だけれども、
第1部の理論編にある大脳生理学の解説がそうした疑問
を一掃してくれます。
ポジティブな人生を送りたい人はこの本を一読することをおすすめします

この本は、第一部 理論編と第二部 実践編
で構成されており、理論編で納得し、実践編で実践をして
その効果を体感してもらうのが良いと思います。

 理論編  第1章〜第5章
 実践編  第6章〜第10章


第1章 言葉ひとつで人生はガラリと変わる
第2章 言葉は人類最強の武器
第3章 自己像を変えると未来も変わる
第4章 想像体験がその後の人生をつくる
第5章 脳内の目的達成装置をフル活用する

第6章 言葉の棚卸
第7章 気分を高揚させる言葉
第8章 家族や人間関係を良くする言葉
第9章 仕事や事業を成功に導く言葉
第10章 文章にすること、朗読をすること


各章で、プリンが共感を得た部分を紹介させて
いただきますね。

まず、

理論編

第一章

・言葉が考えをつくり、人生までも支配する

物事の受け止め方や癖、つまり思考習慣は、あなたの行動を決定していきます。意識や思考の内容がダイレクトに体に影響を及ぼし、あなたが
考えた通りの現実を招きます。

これ当たっていると思いますよね〜。不機嫌そうな表情やいつもグチ
ばかり言っている人って、グチを言いたくなるような事ばかり
起きてますよね!?

第二章

・人類の進化のカギは言葉にあった

人類が直立二足歩行によって獲得した初期言語は、音声による
コミュニケーションの発見をもたらし、その後に、単語が誕生して
特定の内容を示すものとしてお互いに共有されて、言語コミュニケーション
が誕生する。

フィジカル的には、他の動物に勝る部分が少ないヒトにとって
言葉コミュニケーションの発達が重要だったことは容易に想像できますね。



第三章

・なりたい自分になるための法則がある

輝きへの第一歩は、他人の評価ばかり気にせず、自分を信じること
からスタートします。「自分を信じる」ということは「自分の信念」を
もつと言うことです。

佐藤さんも言っていますが、自分のことを「若い」と思っている人は
実際に若々しく健康でいることができます。
これも実感できますよね。芸能人の方とか実年齢より若いかた
多くいらいしゃいますよね。郷 ひろみさんとかマドンナとか
もちろん、若くいるための努力もされていると思いますが・・・・


第四章

・人生の目標を具体的に思い描く

ありえないと思っているうちは、夢は現実のものになりません。
本気で望み、本気で話ができるようになると、望みが実現する
確立が限りなく高まります。このような想像体験を
1日15分でも続けると、自律神経に組み込まれます。
脳に記憶されると人間の体はその通りに実現しようとします。

これは、石井さんの「心のブレーキのはずし方」とまったく
同じことを言っていますよね。潜在意識は、その人が思っていること
通りに、実体験をさせようとするって。
だから、「どうせ私なんて」とか「一生、しがないサラリーマン」とか
思っていると本当にその通りになってしまいますよ!



第5章

・夢をかなるあなたのオートパイロット

私たちの自律神経系は、脳内にインプットされた目的を自動的に
達成していく、「自動目的達成装置」です。
この仕組みは、航空機などの搭載されているオートパイロット
(自動操縦装置)と一緒です。

ソフトバンクの孫さんも、19歳の時に、「20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低で1000億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ。」という人生50年計画を立て、今もその計画の実現に向けて走り続けているという。
企業家の方は、オートパイロット機能をフル活用している方が
多いですよね。

実践編

第6章

・何気ない口癖を点検する

肯定語 「はい、喜んで」「ありがとうございます」
否定語 「できません」「仕方ありませんね」
肯定語を使う努力と、否定語を肯定語に変える努力。
「お金がないから買えない」
→「今は持ち合わせが足りないから、別の機会に」
「とても無理だ」
→「難しいかもしれないが、とにかくやってみよう」

第7章

・どんな場合にも、第一声は「これで良かった」

重大な危機や窮地に直面をした時に、「これで良かった」と
肯定的で楽天的な言葉を発すると、脳は大丈夫だと理解をして
「これで良かった理由」や「うまくいく方法」次々と見つけ出すからです。

第8章

・すべてハッピーな言葉で結んでいく

「ありがとう」とか「とても良かった」と感謝と言葉で伝える習慣は
すべての人間関係を良くしていきます。

これは、身近な家族や仕事仲間にこそ、率先すべき内容なのですよね。
斎藤一人さんもまったく同じことを言ってますよね。

斎藤一人の成功哲学
引用〜
自己啓発の著書多数。 「困ったことは起こらない」という楽観的な基本姿勢を成功の秘訣としている。 「幸せだなあ」「豊だなあ」「やってやれないことはない。やらずにできるわけがない」を口癖にして繰り返すと、実際にその通りになるという。 最近の著書では「天国言葉」として、「ツイてる」「うれしい」「たのしい」「しあわせ」「ありがとう」「感謝します」を紹介している。
〜引用

第9章

・物事を大きく考えて表現しよう

「大きな業績を残す人間は、人の何倍も働いたからではない。
 大きな結果を考えたからだ」とシュワルツという人が
 著作の中で書いている言葉です。

 佐藤さんは、40年前でも昔にアメリカで働いた経験があり、
 アメリカのエグゼクティブの働き方に大きな衝撃を受けた
 とあります。「大きな欲望、大きな考え、大きな成功をおさめる」
 という成功哲学を学んだそうです。

第10章

・人生で目的・目標を文章にする
 
文章化の目的は、自分の思考がどのようなプロセスを経て
形成されるか知ることができる点です。
文章化の訓練は非常に効率的な頭のトレーニングになり
思考能力を高めます。

これについては、フランクリンプランナーを参考にしてね。黒ハート

http://www.franklincovey.co.jp/products/

最後に佐藤富雄さんのオフィシャルサイトのご案内です

http://www.hg-club.jp/


最後まで読んでいただいて、感謝です!。黒ハート

次回こそ新刊案内ををお伝えします!雷

人気ブログランキング
応援(クリック)ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
posted by プリン at 19:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

番外編 5月9日



おはようございます〜。わーい(嬉しい顔)
番外編です。けれどビジネス本の紹介です。
題名は「仕事で、人は成長する」
著者:高井 伸夫

内容は安易な方法論ではなく
ベーシックな内容でした。
何度も読み直すような著作です。ひらめき

内容については、後ほど紹介するとして
高井伸夫さんのプロフィール紹介

takai_photo[1].jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
弁護士。1937 年生まれ。1961年東京大学法学部卒業。1963年弁護士登録。孫田・高梨法律事務所を経て1973 年井伸夫法律事務所を設立。1999 年上海事務所、2006 年北京事務所も開設。一貫して人事・労務専門弁護士として活躍。リストラ問題では大企業から中小企業まで多数の案件に関与。実務経験豊富な経営法曹界の第一人者。労働新聞紙上で四半世紀余に渡って、経営問題関連コラムを執筆中。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

読みやすい文章で、親切でときに厳しい姿勢・視線で送る、
ビジネス・キャリアに対する心構えの書です。

過去の成功体験にとらわれず、常に時代の現在、将来を読み解く
ために情報収集、勉強を怠らず、能力本位の時代に差別化、付加価値化を
心がけること。そのためには、馬車馬のように必死に長時間働くことも
辞さず、体力・精神力・気力を自己管理・維持管理する。
自分を進化させ、改善し、広く深く勉強して自己を律していく。

第1章 仕事の質を高める力
第2章 自分を高める力
第3章 人を巻き込む力
第4章 時代の流れを読む力
第5章 リーダーとしての力


各章で、プリンが共感を得た部分を紹介させて
いただきますね。

まず、
第一章

・朝型人間のすすめ

人のライフスタイルには、夜型と朝型があるがどちらが
ビジネスに向いているかと言えば、それは断然朝方のほうである。
限られた時間を有効に使うには、朝早く起きることだ。
一日二時間、人より長く使えたら、平均寿命まで約六年間
得したことになる。

モーニングマネージメントを推奨し、
「朝10時まで仕事は片付ける」という著作を出している
高井さんですね。

第二章

・「努力だけ」を認めてもらうと思うな

努力というのは、他人が認めるものであって、自分から「認めろ」
という性質のものではない。唯一、それが認めれるのは成果が
出たときだけだ。それ以外は言ってはならない。

これって厳しい言葉ですよね。もうやだ〜(悲しい顔)
つい言いたくなりませんか!? 深夜までやりましたとか・・・
何回もやりましたとか・・・・
ただし、高井さんも言っていますが、
努力するのはあたりまえで、
「珠磨かざれば光なし」
努力の質と継続が重要なんです。

第三章

・精神的な支えメンターを持っているか?

「人というのは根源的にアドバイスを求める存在である」
と作家 塩野七生さんが言っています。
高井さんが求めるメンターの要素とは

@年長者である
Aつき合いが良い
B信頼できる
C利害関係がない
D叱られたことがある
E電話でアドバイスを求めれる間柄

人は一人で悩むを視野が狭くなる。逃避感情も出やすい。
メンターを持つ効用は、歯痛薬をポケットに入れていると
安心できるように、近くに「いてくれる」という安心感が
大きい気がする。

40年近くの弁護士経験がある方でも、メンターがいると
言っていますとおり、やっぱりメンターっていると良いですね。
物事がうまくいっている時と、うまくいっていない時も
自分自身が気づかない、小さな気づきが分かると良いですよね。

第四章

・つねに時代の流れを見極める

ダーウィンが言っているように「強いものが生き残るでも、
智恵があるものが勝つのでもない。変化に適応できたもの
だけが生き残る」これは現在ビジネス社会にも、
この法則は当てはまる。

自分の身に起きた変化で悩みを抱えている人は、視点を内側では
なく、外に向けてみよう。そうすれば個人の問題と世界の問題が
かつてないほどリンクしているのがわかる。
そこから自分の存在意義なり価値を見出す努力をしてみるといい。

第三章のメンターの部分と似ているのですが、
負のスパイラルに入ってしまうと、どうしても視点が
内側に向いてしまいますよね・・・・・
マクロの視点を常に持つことの重要性を教えてくれています。

第5章

・決断と責任の修羅場をくぐりなさい

「われわれを成長させるものは、人生における悪戦苦闘である」
「アマチュアは和して勝つ、プロは勝って和す」
場数を踏むをとは、実践で求めれれる能力の判断力・決断力・
実行力をつけるチャンスを多く味わってみることである。
ビジネスの矢玉とは、「責任を取る」ということである。
この二つを数多く経験するのが、ビジネスの修羅場をくぐる
ということになる。

本当に耳が痛い話ですね〜ふらふら
でもこれって、ビジネスに限らず「人生」においても
一緒ですよね。「決断」と「責任」って。

後まで読んでいただいて、感謝です!。黒ハート

時々番外編をお伝えします!雷

人気ブログランキング
応援(クリック)ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
posted by プリン at 07:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。