2008年01月27日

読書日記 1月27日



0000004551[1].jpg
題名:俺達のガンダムビジネス
著者:松本悟/仲吉昭治

出版社:日本経済新聞



読みやすさ:★★★★4
印象度  :★★★★4
総合   :★★★★4


いやぁー、内容はともかく
ファーストガンダム世代としては
感無量でしたな。

小学生の頃、ガンプラが欲しくて
欲しくて、両親と一緒にバスに
乗って近くの町まで行ったけど
ホワイトベースしかの残っていなくて
残念な気持ちになった事を思い出しながら
読みました。

当時としては、おもちゃメーカーである
バンダイがプラモデルを売ること自体が
かなり冒険だったようです。

また、ガンダムをプラモデル化した後に
ジオン公国の戦艦ムサイをプラモデル化したのは、
宇宙戦艦ヤマトのブームが影響していた事。

架空のアニメのロボットに対して、
1/144や1/256などの実寸に対しての
田宮模型などのスケールモデルとして
アニメプラモデルを販売したことなど
今読むとナルホドなぁ〜と思うことばかりですが
社内の反対を押し切り、製品化したのは
お客様からのアンケートを愚直なまでに熱く
取り組んだ著者の姿勢に心を動かさざる負えませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

mg_dom.jpg
 
関節部の耐久性向上など、確かにガンプラは進化するプラモデルだった。短いスパンでユーザーの要望を取り入れるシステムが、当時は画期的だったことが分かりました。

本書は開発や工場などラインの話など、
ビジネス本としても、おもしろいですよひらめき

本書を読みながら、
ガンダムはやはり自分の青春だなぁ〜と
思い返しました。

ファースト以降のZ世代の人は
どうかなぁ〜と思いますが・・・・・
http://www.gundam.channel.or.jp/

次回案内予定新刊
ダメなら、さっさとやめなさい!
posted by プリン at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

読書日記 1月20日



<span style="font-size:large;">題名:1日30分を
続けなさい
著者:古市 幸雄

出版社:マガジンハウス

読みやすさ:★★★★4
印象度  :★★★3
総合   :★★★3

サブタイトルが「人生勝利の勉強法55」
とあり、2007年のベストセラーです。
すみません。読むのが遅くて・・・・・

内容の前に、この本は著者も言っている通り
2003年から著者のHPにて
「負け犬にならないための勉強法」とのタイトルで
1万円で販売し、500部以上を売り上げた内容を
製本したとの事です。

著者が、
新聞報道カメラマン→アメリカへ留学→
MBA・TOEIC980点→英語学校経営
との実体験を通じて、実践してきた勉強法です。

やはり、この本のポイントは
ネーミングだと思います。これが1時間だと
できないと皆さん思ってしまうけど、
「30分」なら自分にもできるかなと思ってしまうだけの
説得力とデーターの裏づけが本書にはあります。

「アウトプット重視」「ゴールをまず設定」「早起きのすすめ」など、内容はいたってありきたりです。行動に移せないと意味がないので、英語の「勉強量が圧倒的に不足」については、著者の意見に同意。とにかく具体的なことを実行、継続しないと、読後の高揚感だけに終わってしまうかもしれません。

著者のプロフィールです。
参考にどうぞ!

http://www.successtool.jp/first/#profile


次回案内予定新刊
俺たちのガンダムビジネス
ラベル:30分
posted by プリン at 12:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

番外編 1月13日



こんばんわ〜ひらめき
1ヶ月ぶりの番外編です。日経新聞広告と無関係です。

横山武知さんに教えていただき、船井幸雄さんがこの本を推奨されていたので読ませていただきました。 内容には賛否両論があるとは
思います。但し内容は間違いなく「面白い」本です。子供の頃、五島勉の「ノストラダムスの大予言」を読んで興奮したものですが、それに近い面白さがあります。 僕は読んでおく価値はあるとは思いました。

理由は
★「こんな内容の本は、今まで読んだことが無かった」からです。

その内容(主観ですが)は

世の中は、ロックフェラー家をはじめとするお金持ちの皆さんが
支配しその一握りの人達が自分達の利益を追求し、権力維持する為に
都合のいいように動かされている。

9.11テロ ・ベトナム戦争・エイズ感染など?ICチップについて
何故こうもアフリカの特定の国のエイズ感染率が高いのか全く不思議で仕方ありませんでしたが、本書の中の解説で腑に落ちました。
人間の本質は昔も今も変わってない…世界を支配したいという欲望は今もあって当たり前、という至極当然の前提を以ってすれば、本書の真実味は自ずと高くなると思います。

アマゾンのレビューにはこの本がアメリカではまともな本屋にはほとんど置いてなく、ドラッグストアのレジ脇にあります。日本でいう、コンビニ本の類らしいです。また副島氏自身の文章が、原作からかけ離れたものが多いらしいのですが、上下の2冊の読ませるだけの
内容だと僕は思います。

いろいろ、多岐に渡って衝撃的な内容の連続ですが、
要は、このような世界の中にあって、自分自身がどう生きるのかということ。中丸薫さんや船井幸雄氏の著書との併読がお奨めです

時々番外編をお伝えします!雷

posted by プリン at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

読書日記 1月9日



題名:できるボスの条件
著者:京野 友香

出版社:ダイヤモンド社

読みやすさ:★★★★4
印象度  :★1
総合   :★1

正直、年明けそうそうあんまり悪口を
言いたくないのですが、正直にこの本は
おもしろくない!!

小学生の作文並みですねたらーっ(汗)

日経の広告に大きく「社長室で繰り広げられるおかしくて
深刻な人間ドラマ!」
と書いてありますが、まったく面白くないです。

こんなので本にして良いのか!?
ブログも今日はここまで、
次の本に期待!!

次回案内予定新刊
一日30分を続けなさい
ラベル:ボス
posted by プリン at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

読書日記 1月5日



題名:FXで月100万円儲ける私の方法
著者:鳥居 万友美

出版社:ダイヤモンド社

読みやすさ:★★★★4
印象度  :★★2
総合   :★★2

みなさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ブログ開設以来、150名超える人が来てくれて
本当に感謝をしております。

昨年はビジネスが大変だった事も影響して
スピリチュアルと言うか、斎藤一人さんからはじまって、
中丸薫さんまで、精神的な書籍を読む機会が多く
また、世の中のシステムについて勉強する機会を
多く頂いて、非常に感謝しております。

今年の1冊目ですが、普通の主婦の私にもできた!と
タイトルについている通り、主婦がFX(外国為替証拠金取引)
を使って、月100万円以上の利益を出す話しです。

ほとんどは、FXとはなんぞやに多くのページを割いて
います。著者の10か条は以下の通りです。

@余裕資金で行う
A最初は小さく、だんだん大きく
B自分の得意なパターンをみつける
Cやるとき、やらないときをはっきり分ける
D必ず取引の記録を残す
E「たら・れば」星人にならない
F謙虚な気持ちを忘れない
G人に頼らず、自分の頭で考える
HFX仲間をつくる
I「幸せの上昇スパイラル」を目指す


ぷりんは川島さんのメルマガを読んでいるのですが、
「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」の著者
川島さんのメルマガでも、著者の事は取り上げられて
いました。ぷりんも株がもう少し慣れてきたら
FXの勉強もしたいと考えるようになりました。
あと、2、3冊FXに関する本も読まないとなぁ〜と
思っています。

ちなみに著者のHPです。
参考までに

http://www.mayumifx.com/

正月は、本ばかり読んでいました。
日経新聞の広告と無関係のないため
機会があったら番外編で紹介します。


次回案内予定新刊
できるボスの条件
ラベル:FX
posted by プリン at 14:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。