2007年11月24日

番外編 11月24日



こんばんわ〜目
今日は、番外編です。日経新聞広告と無関係です。

非常に怪しげなタイトルの書籍ですが、
著者の飛鳥昭雄さんは「サイエンス・エンタティナー」
と称しているだけあって、科学的な部分あり
読み進めるうちに、「これって本当なのでは・・・」
と思えてきます。わーい(嬉しい顔)

実際に船井幸雄さんのオススメ書籍でもあり
中丸薫さんとの対談書籍の中で、「ここまで書いてあると
本当のような気がしてならない」とコメントしています。あせあせ(飛び散る汗)

書籍の中身は、UFOファンには懐かしいエリア58や
キャトルミュトレーションの話しから、
(牛さんが血を抜かれて変死するやつです)
地球の内部が空洞で内部に太陽があり、そこに高度な文明
をもった異邦人がすんでおり(アルザル)、UFOに乗って
地球に来る話やプラズマ兵器をアメリカ軍が開発し、湾岸戦争で
プラズマ兵器を使用した話しなど盛りだくさんです。どんっ(衝撃)

ちなみにプリンは、昔からこの手の怪しい話しが大好きで
矢追 純一の特番は必ず見ていましたし、中学校の読書
感想文も「第三の選択」でした。
(人類が火星に移住する話しです・・・)
今から思うとかなり変わった中学生でしたね〜がく〜(落胆した顔)

あと、シークレットガバメントやMIBに関する記載も多く
中丸薫さんが自著の著作の中でオススメしているだけあって
中丸さんが引用している部分も多くありました。
フィリピンでの地震はアメリカ軍の兵器によるものだ!とか
中丸さんも言っていますが、闇の部分を熟知していないと
光の部分も理解できないと言ってますしね・・・・・

そういえば、フィリピン出張中に機内でこの本を読みたかった
のですが、社長も同行しているために断念しました。たらーっ(汗)
機内の窓から、UFOに遭遇できるかと何度も窓の外を
見ましたが、結局見ることができませんでした。バッド(下向き矢印)

時々番外編をお伝えします!雷

posted by プリン at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。