2007年10月28日

番外編 10月28日




こんにちは。曇り
今日は、番外編です。日経新聞広告と無関係です。

いやぁ〜。非常に良かったです。ひらめき
仕事に疲れたぷりんにぴったりです。
題名の通り、本当にこの世の悩みがゼロに
なります。

☆人間関係を解決する方法が2つあります。

1つ、周りを人格者に変えてしまうこと
1つ、自分が人格者になってしまうこと

あなたはどちらを選びますか?

この命題が、仕事・子育て・家族を
中心に分かりやすく書いてあります。
年間300回の講演会を実施する
正観先生だけあって、非常にわかりやすいです。

みずからも、「明るい自閉症」と言っているだけ
あって、常に自意識のコントロールに集中して
いる事がわかります。

斎藤一人さんも言っていますが、「常に自分の
機嫌をとりな、自分の機嫌も取れない人が
他人の機嫌は取れない」は説得力のあることば
です。

折をみて、心を整える書物は必要だと痛感しまいた。
疲れてたビジネスマンにオススメです。。ぴかぴか(新しい)

時々番外編をお伝えします!雷

posted by プリン at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

読書日記 10月27日




題名:ブッシュが壊したアメリカ
著者:ズビグニュー・ブレジンスキー

出版社:徳間書店

読みやすさ:★★★3
印象度  :★★★3
総合   :★★★3


著者は、カーター政権下で国家安全保障問題担当大統領補佐官
を務める。アメリカを代表する地政学の権威であり、
国際政治全般の大きな流れを洞察できる数少ない戦略思想家
だそうです。ぷりんは本書を読むまで知りませんでしたふらふら

題名は「9・11」や現大統領のみを連想させますが、
先代ブッシュ・クリントン・現ブッシュと
三人の歴代大統領を国際政治を背景にして
時系列で解説をしています。

さすがに論理展開や洞察力のすぐれた箇所がいくつも
ありましたが、結論は第六章の

1.先代ブッシュ 総合評価 堅実な B 
 評価:戦術面の能力にたけるが、戦略面のチャンスを
 生かせなかった。
2.クリントン  総合評価 むらな C 
 評価:潜在能力と実績とのぎゃっぷがあまりにも
 大きい。
3.現ブッシュ  総合評価 落第の F 
 評価:単純すぎる独りよがりの世界観が災いし、
 一国主義政策で自滅への道を邁進中。

現ブッシュへの評価は、皆さん違和感がないと思いますが
先代ブッシュやクリントンへの評価に対して「?」と
思った方は、本書を読むことをオススメします。

ソ連が崩壊し、冷戦が終結と、紛争の総数が減ってきたにも
関わらず、世界の不安定性は逆に広まり、新たに四カ国の
核保有国が登場し、人類の福祉問題は進展せず、環境問題
に高い優先順位も与えなかった。これらの失敗が一因と
なって、アメリカのリーダーシップの正当性は大きく
損なわれて、大統領の信頼性は世界中で揺らぎ、
アメリカの道徳観の評判に泥が塗られた。
と著者は言っています。

2008年が真のポスト冷戦型世界政策を作る
最後のチャンスと警告をしています。むかっ(怒り)

新聞などで、「今」を読むこと重要ですが、
点と点を結ぶ「線」を理解するために、
非常に参考になる本でした。
なぜ、現ブッシュが「落第のF」なのか
深く知りたい方はどうぞexclamation


次回案内予定新刊:人生を
変える「心のブレーキ」の外し方
posted by プリン at 19:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

読書日記 10月20日



題名:ゼロからの不動産投資
著者:赤井 誠

出版社:すばる舎

読みやすさ:★★★★4
印象度  :★★★3
総合   :★★★3


サブタイトルに「目指せ、3年で資産3億円、月収300万」
とあるように、サラリーマンをしながら土日と業後の時間を
使って、アパート・マンション経営をする内容です。

上場企業に勤務しながら、リスクをとって
アパート・マンション経営をする姿は立派です。ぴかぴか(新しい)
DIYが趣味の著者であって、自分で簡単なリフォームを
すること・常に「満室」を意識したチラシ作りなど
アイディアが満載です。
但し、不動産投資に興味がない人には無意味かも。

次回案内予定新刊:ブッシュが壊したアメリカ
ラベル:不動産
posted by プリン at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

読書日記 10月20日




題名:朝30分の掃除から儲かる会社に変わる
著者:小山 昇

出版社:ダイヤモンド社

読みやすさ:★★★★★5
印象度  :★★★★4
総合   :★★★★4

株式会社 武蔵野の社長の著書です。
同社はダスキンの加盟店業務であり。
構造的には大きく儲かるビジネスモデルではないそうです。

また、幹部社員の半分はアルバイト上がり、3分の1は元暴走族。
手のつけられない落ちこぼれ集団に毎朝 30分の掃除を
全従業員、一人の例外もなく、勤務時間内に整理整頓を
させた結果。2000年度に「日本経営品質賞」を
日本IBMとともに受賞するまでに至っています。右斜め上

ポイントは、「狭い範囲」を徹底して整理・整頓を
愚直なまでにやり続けたことだと感じました。
このような基本的な事を徹底する中で、社員から反対もあったが、
やり続けたことが、成果に結びつけたと感じました。どんっ(衝撃)

なぜ「狭い範囲」かと言うと、「小さなこと」をひとつひとつ
できるようになった事で、社員が自信を持つようになった事。
普段の業務や人間関係においても、小さなな気づきが多く
なったことを成果として書かれています。

なかなか、できないですよねぇ〜。優秀な社員が退職になる
ことの損失を考えると、つい、途中でなぁなぁになってしまう
ことが多い、ぷりんには耳の痛い話でした。もうやだ〜(悲しい顔)

また小山さんは、他社の施策を真似することを促進しており
いますぐ利用できそうな、アイディアが満載です。
小山さんが案内する武蔵野の現地見学を実施しており、
そのアイディアを隠す事なくオープンにすることで、
進化を続けていると感じました。

売れているだけあって、良い内容でした。exclamation


次回案内予定新刊:ゼロからの不動産投資
ラベル:ビジネス
posted by プリン at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

番外編 10月19日



こんにちは。曇り
今日は、番外編です。日経新聞広告と無関係です。

一週間前に読み終わったのですが、
アップする時間がなくてスミマセン・・・・
夜中にカタカタとキボードを打っていると
家族よりクレームが入ってしますので・・・・

いやぁ〜。非常に良かったです。ひらめき
内容が実践的で、「アセンション」と言うと
どうしてもスピリチュアル中心で、
2012年のフォトンベルトと連動して書かれて
いる場合が多いのですが、

この本は違います、日々の食事や、生活のあり方
心構えなどが書いてあり。時々読み直して、
「心のストレッチ」として活用した方が良いでは!?
と思う内容でした。

船井幸雄さんもオススメの書物として挙げていましたが
あんまり、本を所有するつもりがないぷりんも
本を買って、いつも近くに置いていたい!と
思わせる内容でした。ぴかぴか(新しい)

時々番外編をお伝えします!雷

posted by プリン at 17:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

読書日記 10月11日



題名:ゲリラ・マーケティング進化論
著者:ジェイ・C・レビンソン

出版社:講談社

読みやすさ:★★★3
印象度  :★★2
総合   :★★2

題名の「ゲリラマーケティング」と聞くと
なぜか、怪しい〜とイメージしがちですが。
内容は、いったって真面目です。
どちらかというと、心理学。
深層心理に基づいたマーケティング理論です。
いかに見込み客を購入に導くかがポイントとして
書かれています。

内容は、ビジネスオーナー向きかな。
神田昌典さんが好きな方にはオススメです。
神田さんが監修者のウィリアム・リードと対談して
いたのを思い出しました。
事前に著者の前作「ゲリラ・マーケテイング」を
読んだおいた方が良いかも。
本書では、新たに25種のウェポンが紹介されています。
その一例として

無料相談・経営者と従業員・同業者との共有など

興味があれば、どうぞ!

次回案内予定新刊:朝30分の掃除から儲かる会社に変わる
posted by プリン at 23:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

番外編 10月9日





こんばんわ。iモード
今日は、番外編です。日経新聞広告と無関係です。

昨日、小田急線で実家に帰る途中で読み終わりました。電車

まず、題名「まもなく宇宙人が到着します」
すごいタイトルですよね〜
内容は2012年から2014年頃までに地球に天変地異が
おきて、宇宙人が助けに来てくれると言うお話しです。

それまでに、陰で世界政府をつくり地球の富を独占し
人類を支配しようとしていた秘密結社イルミナティの
野望が打ち砕かれて、地球人と宇宙人との間で交わされた
宇宙協定「NESARA」ネサラが実行されて、
ブッシュ大統領が失脚し、次期大統領にアルゴアが選ばれる。

そして、人類は地球の危機を宇宙人と一緒に乗り越えると
言うお話しです。
著者はサイキックリーディングに優れており、
驚異の的中率を誇っているそうです。わーい(嬉しい顔)

本書はマンガもあり、非常に読みやすくオススメです。
中丸先生は、「アルゴアは、影の政府の手先」と言っていましたが
どっちが本当なのでしょうか・・・・がく〜(落胆した顔)

時々番外編をお伝えします!雷

posted by プリン at 22:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。