2007年09月01日

読書日記 9月1日





題名:富裕層の財布
著者:三浦 展

出版者:プレジデント社

読みやすさ:★★★★★5
印象:★★2
総合:★★2


8月28日の日経朝刊にも広告がでており、
「三印出来!」と書いてあり、売れているのかなぁ〜
と思い、サブタイトルの「誰も知らないお金の使い方」
に強く引かれて、早速読んだのですが、そんなにびっくり
するような事実もなく、グラフが多いわりには、インパクト
が少なく。正直期待はずれでした・・・・・たらーっ(汗)

「下流社会」の著者が、新富裕層の生態を徹底解剖と
ありましたが、でてくるキーワドがDINKSとか
ロハスやボボスなど、目新しいのは皆無でした。
注:ロハス=Lifestyle Of Health And Sustainability
ボボス=Bourgeois Bohemian(ブルジョアボヘミアン)


結論:お金持ちは働くことが好きである(キッパリ)


著者が提案する、列車のグリーン車の改善やメイドサービスの
普及などは共感ができました。あと、富裕層向けの雑誌
「SEVEN HILLS」は興味がわきました。
どんな雑誌なんだろう・・・ぴかぴか(新しい)

次回案内予定新刊:「誰も知らなかったケータイ世代」
posted by プリン at 21:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書日記 8月31日




題名:反転
著者:田中 森一

出版者:幻冬舎

読みやすさ:★★★★★5
印象度  :★★★★★5
総合   :★★★★★5


面白いです!!
よく出版できたなぁ〜と言うのが読後の正直な感想です。
現在上告中の著者が、言われなき実刑判決をくらった場面から
物語がスタートします。

貧しい生い立ちから、司法試験合格。
エース(鬼)検事として、様々な汚職事件や不正融資事件を
手がけた後に一転して、弁護士になり

闇社会の弁護人として、暴力団の弁護士として
バブルの絶頂を極める。その後の以前に勤めていた
検察より詐欺容疑で逮捕されると言う
ジェットコースターのような人生です。

妻に本を貸したら、夢中になり読破が遅れました
すみません。売れているらしく、日経新聞の朝刊に
大きな広告出ているのを3回見ました。
橘玲氏や中森明夫の絶賛コメントもあり、
非常にオススメです。
暴力団・財界・政治家などの実名満載。
著者の意決した告白に脱帽です。

最後に著者が中村天風作品を拘置所の中で
繰り返し読み、口ずさむシーンが印象的でした・・・・

最後の最後で頼れるのは自分だなっと。




次回案内予定新刊:「富裕層の財布」
posted by プリン at 00:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。