2007年08月27日

読書日記 8月27日



題名:てっぺん!の朝礼
著者:大嶋 啓介

出版社:日本実業出版社
読みやすさ:★★★★★5
印象度  :★★2
総合   :★★★3

てっぺん!と言う名前の居酒屋の朝礼について書かれています。
社長の生い立ちから、なぜユニークな朝礼を始めるに至ったか!?
までが書かれていました。とにかく、社長が熱いです。どんっ(衝撃)
ここまで気持ちがストレートだと読んでいて気持ちが良かったです。

自分が熱いだけでなく、朝礼によって
一緒に働くスタッフ全員のモチベーションが揚っているのが
文面から伝わってきました。また、スタッフのインタビューも
掲載されていましたが、「店に入ったばかり頃は
朝礼は嫌だった」と正直なコメントも載っていました。

「NO1理論」の西田文郎(メンタルトレーニング第一者)も、
本の中で大嶋さんを絶賛していました。

実際に希望すれば朝礼に参加できるとの事。

一度、渋谷か自由が丘のお店に行ってみようかなビール



次回案内予定新刊:「反転」
posted by プリン at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

読書日記 8月26日



題名:幼児化する日本社会
著者:榊原 英資

出版社:東洋経済新報社
読みやすさ:★★★★4
印象度  :★★★3
総合   :★★★3

サブタイトルが「拝金主義と反知性主義」
となっており。TBSのブロードキャスターのコメンテーター
としても有名な榊原さんの新刊です。

最近日本の二分割法を非常に危惧をしている内容でした。
二分割法とは、善か悪・白か黒・YESかNOなど
物事を二分割で判断し、本来物事はグレーゾンが多く、解がない
問いが多いはずなのに、二分割法による思考停止を人間の退化
→「幼児化」として説明をしています。

エピソードとして「男が12人、女の子が13人のクラスがあります
このクラスの先生の年齢は何歳でしょう?」と小学生に聞いた
ところ、多くの生徒が「25歳!」と答えるそうです・・・・

日本の政治・教育・マスメディアなど、幅広く論じており。
文章もテレビでのコメント同様に、ロジカルで納得できる
事が多いです。パンチ




次回案内予定新刊:「てっぺん!の朝礼」
posted by プリン at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

はじめまして

v.gifはじめまして、管理者のぷりんです。
都内在住。年齢は37歳です。愛妻と娘一人、愛犬一匹と
つつましく暮らしております。趣味は、読書です。週に2回は
図書館へ足を運んでおります。
このブログでは、日経新聞に新刊として広告が載った本、
もしくは、新聞内のブックレビューなどで紹介された本を読んで、
感想オススメ度
紹介をしていきます。


実際に本を購入する前にチェックしていただけばと思って
おります。どうぞ宜しくお願いします。わーい(嬉しい顔)

posted by プリン at 13:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。